映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」予告編2


【物語】
 昭和39年(1964年)―――東京オリンピックが開催されるこの年。オリンピックを控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていました。そん­な中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしています。
 小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、ヒロミ(小雪)と結婚し、高校生になった吉行淳之介(須賀健太)と3人で仲良く生活していました。茶川商店の一角は改装され、ヒロミが­おかみを務める居酒屋「新山藤」ができています。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。茶川は、「冒険少年ブック」の看板作家として、連載を続けていますが、新­人小説家の作品に人気を奪われつつありました。編集者の富岡(大森南朋)から、「もっと新しい雰囲気で」と言われた茶川は、またまたスランプ気味‥‥‥。
 一方、鈴木則文(堤真一)とその妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、住み込みで働く星野六子(北堀真希)が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大­し、店構えも立派なものに。六子にも後輩の従業員ができ、厳しく指導をする姿はすっかり一人前。彼女無しでは鈴木オートの仕事は回らないほどです。そんな六子は、毎朝おめ­かしをして家を出て行きます。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)とすれ違い、朝の挨拶をかわすためでした。六子のほのかな恋心を温かく見守るのは、大田キン­(もたいまさこ)。そして、小児科医・宅間史郎(三浦友和)は、今日も町の人のために診療を続けています。
 そんな折、茶川が隠していた、とある電報をヒロミが見つけてしまいます。果たして電報の主は誰なのでしょう?
 また、新人小説家の意外な正体とは? 一方、六子の恋の行方は? そして、三丁目の人たちにはどんな未来が待ち受けているのでしょうか?

【スタッフ】
監督・脚本・VFX: 山崎貴
原作: 西岸良平
脚本: 古沢良太
音楽: 佐藤直紀

【キャスト】
吉岡秀隆
堤真一
小雪
堀北真希
もたいまさこ
三浦友和
薬師丸ひろ子
須賀健太
小清水一揮
マギー
温水洋一
神戸浩
飯田基祐
ピエール瀧
蛭子能収
正司照枝
森山未來
大森南朋
高畑淳子
米倉斉加年

映画「ALWAYS三丁目の夕日’64」予告編


『ALWAYS 三丁目の夕日’64』 東京オリンピックが開催された1964年を舞台に、あの三丁目のメンバーが3Dとなって帰ってくる。

映画『これでいいのだ!!』予告編 / Korede Iinoda!! Eiga Akatsuka Fujio


「天才バカボン」など国民的人気を誇るギャグ漫画の王様、赤塚不二夫と、担当編集者・武居俊樹の35年間の交流を実話に基づいて描く伝記ドラマ。武居の著書「赤塚不二夫の­ことを書いたのだ!!」を基に、天才と呼ばれた男の破天荒な生きざまに迫る。赤塚を浅野忠信が演じるほか、武居を性別を越えて堀北真希がキュートに好演。盟友との衝撃的な­出会いや伝説のエピソード、そしてギャグに人生をささげた奇才の人物像に驚かされる。
配給: 東映
オフィシャルサイトhttp://www.iinoda.jp/
(C) 2011「これでいいのだ!!」製作委員会

映画「白夜行」(1月29日公開)の予告編 / Byakuyakou


≪ エンタメ動画が満タン「MANTAN TV」 http://mantan-tv.jp/ ≫
 東野圭吾さんの累計200万部のベストセラー小説を映画化。堀北真希さん、高良健吾さんが19年前に起こった殺人事件の容疑者の娘と被害者の息子、その事件をしつこく追う­刑事を船越英一郎さんが演じる。新鋭の深川栄洋監督がメガホンをとった。堀北さんはミステリアスな悪女役も見どころ。

【関連記事】堀北真希 :「ミステリアスで”太い”」高良健吾が絶賛 映画「白夜行」試写
http://mantan-web.jp/2011/01/19/20110119dog00m200007000c.html

映画『白夜行』予告編 / Byakuyakou


2011年1月29日(土)より全国公開
今まで舞台化やテレビドラマ化されてきた、東野圭吾の人気小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を軸に、­19年に及ぶ男女の狂おしい愛情を描く。『ALWAYS 三丁目の夕日』などの堀北真希が聖女の顔をした悪女役で新境地を開拓。彼女の守護神のような相手役を、『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾が好演する。互いの存在だけを頼­りに必死に生き抜こうとする男女に課せられた残酷な宿命に言葉を失う。
配給:ギャガ
オフィシャルサイト
http://byakuyako.gaga.ne.jp/
(C) 2011 映画「白夜行」製作委員会

映画『大奥』特報 / Ohoku


男だけを襲う謎の疫病がまん延する江戸時代を舞台に、一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大奥をめぐるドラマを描く異色時代劇。第13回­手塚治虫文化賞を受賞したよしながふみの人気コミックを、「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀監督が映像化。女将軍を柴咲コウがなまめかしく演じるほか、彼女に接近­する侍を二宮和也が好演する。野望や嫉妬(しっと)、策略に愛憎など、業が渦巻く濃密なドラマに期待だ。
配給: 松竹、アスミック・エース
オフィシャルサイトhttp://ohoku.jp/
(C) 2010 男女逆転「大奥」製作委員会

映画『大奥』特番 / Ohoku


配給:松竹、アスミック・エース
オフィシャルサイト
(C) 男女逆転「大奥」製作委員会